19 SEPTEMBER 2018


​SIRHA 2019, 
「明日の食トレンドに触れる場」

シラ2019の特徴についてお聞かせください 

シラではこれまで、外食産業のもつ影響力や技術革新を主 要なテーマとして注目すると同時に、華やかな美食イベン トという形の中で、そうしたテーマを具体的に提示するこ とを常に心がけてまいりました。その甲斐あって、私ども の見本市は、最も重要な国際外食産業見本市のひとつに数 えられるまでに成長いたしました。2万5千人のシェフをは じめ、20万人以上の外食産業のプロフェッショナルが一堂 に会する他に例を見ないイベントですが、ご来場いただい たお客様にも、とても心地よい雰囲気を味わっていただい ております。
2年に1度、世界中の外食産業に関わるプロフェッショナル がシラ(リヨン)に集い、交流を通じて、食、ケータリン グ、新しいフードテック、サービスなどの大きなトレンド を存分に楽しむことができます。アニメーションエリアが 10箇所に設けられ、21のコンクールが行われます。出展社 数も3,000に及ぶなど、内容は非常に充実しております。出 展なさる方々にもご来場の皆様にもとても人気の高いイベ ントですので、今回、ホールを増設し、10,000㎡ ほど拡張する ことになりました。 

今回はどのようなトレンドが見られるのでしょうか

様々なイベントや世界中のパートナーとのネットワークを 通じ、外食・サービス産業の関係者との交流を重ねてまい りましたので、私どもは他と異なる特別な立場にあると思 っております。こうした密接な関係を続けてきたおかげで 、私どもは業界を動かす新しい影響力には、早い段階で着 目することができるのです。今回私どもでは、影響力を7つ に特定し、検討を重ねてきました。イベントでは、この「7 つの影響力」をデモンストレーションセクションで紹介さ せていただくことにしております。
消費者の皆様の中には、自らが環境に及ぼす影響について意識す る方が増えています。また、健康にとって何がよいのかについて も意識が高まっています。消費者の皆様はまた、そうした意識を 実際に感覚として体験できるお店を見つけたいと思っています。 私どもは長期計画を立て、将来的な消費動向をより深く予測して まいりました。

そのような進化や技術革新の分析をどのようにお伝えする のですか

外食産業が将来の食の方向性を決めると思っております。
そうした考えから、シラの一環として、「シラ・ワールド・ キュイジーヌ・サミット」という特別なイベントを用意し ております。このイベントでは、特別ゲストやオピニオン リーダー、一流シェフ、起業家の方々をお招きし、食の未 来に向けたワークショップを特別に開催する予定です。国 際的立場で貢献されている方々に、自らの食への信念、食 の選択、ベストプラクティス(成功事例)、ビジョンなど を語っていただき、また、私たちがより優れた食品を食す るという大きな課題にどう取り組めばよいかについてもお 話を伺います。
高い評価をいただいている私どものコンクールもイベント に活気を与えてくれます。コンクールで参加者に課される テスト項目も、消費者からの新しい要求に見合うように変 化します。今回のテスト項目として、シェフの皆様に新た な課題が与えられます。例えば、ボキューズ・ドールでは 、より「直感的な調理」が求められます。クープ・デュ・ モンド・ドゥ・ラ・パティスリーでは、パティシエにビー ガンのためのデザート作りが課題として与えられます。
食に対する需要は複雑さを増し、競争も激化していま す。私どものミッションは、そのような需要を理解す る鍵を提供し、外食産業・サービス産業の企業が技術 イノベーションを起こし、創造性を得て成長するため のお手伝いをすることにあります。シラは、外食産業 、もっと広い意味で申し上げれば、未来の食生活が具 体的に示される場であると考えております。